滋賀で産業廃棄物の収集なら環境技研アクアへ。滋賀・近畿の産業廃棄物もお任せ。

アースラブ式有機物処理
アースラブ式有機物処理とは
有限会社アースラブ・ニッポンが開発した「酵素活性化法」による有機物処理システムです。自然界の法則、すなわち水や鉱物土壌、微生物群の相互利用の作用機能に着目した処理システムです。最大の特徴は、施設内で有機物を消滅させてしまうことです。

・生成副産物の抑制効果
活性汚泥などの処理を必要とする副産物の生成がありません。

・悪臭の抑制効果
悪臭対策用資材として使用できます。

・効果の持続性
処理システムの系外への資材流出がない排出処理や堆肥処理などでは、一度の資材投入で数年間の追加投入は不要です。
利用分野
・排水処理
排水中に含有する酵素の働きにより有機性残渣を酵素分解しますが、この酵素分解の働きを加速するのがアースラブ資材(酵素活性化法)です。
既設の排水処理施設にもアースラブ資材を投入するだけで対応できます。

・有機性廃棄物
アースラブ資材と一定量の有機性廃棄物を混練して14日間安置するだけで有機性廃棄物が完全に消滅し、15日目にはその資材を再度使用して同じ作業により再度有機性廃棄物を処理することが出来ます。臭気の発生や害虫の発生は一切ありません。

・畜産・農業
アースラブ資材を飼料の3%添加するだけで、悪臭の激減・家畜の健康状態の改善が見込まれます。また、排水処理施設が不要となるため排水処理施設にかかるコストと汚泥を処理するコストが不要となります。
この家畜の堆肥を農業に活用すれば、無農薬・有機栽培が可能となり、収穫量の増加と安心・安全で美味しい作物が収穫でき、労働力の削減と農業収益の増加が見込まれます。