SERVICES
事業紹介

太陽光パネルリサイクルSOLAR PANEL RECYCLING
01

耐用年数を過ぎた
太陽光パネルをリサイクル

再生可能エネルギーの普及を目的に、国が定めた固定価格で電気事業者が電力を買い取るFIT制度がはじまったのが2009年。一般的な太陽光パネル(ソーラーパネル)の寿命は20年程度、2030年を目処に大量の廃棄物が排出されることが予想されています。太陽光パネルは金属、ガラス、太陽光発電システムに関わるモジュールに分別。環境省のガイドラインに沿って、適正に処理、リサイクルします。また、ガラス部分を加工した発泡ガラスは、用途に合わせてさまざまなリサイクル製品に生まれ変わります。

02

太陽光発電設備の構成

  • 1ソーラーパネル (太陽電池モジュール)
  • 2接続箱
  • 3パワーコンディショナー
  • 4変電設備

太陽光パネル廃棄上の課題

  • 01

    処理上の注意

    有害物質が含まれている
    パネルがある。

  • 02

    リサイクル率

    リサイクル技術の普及が
    おくれているため
    リサイクル率が低い。

  • 03

    問題点

    不法投棄や最終処分場が
    ひっ迫するおそれがある。

では、太陽光パネルは
どのようにリサイクルされるか?

03

太陽光パネル
リサイクルの流れ

  1. 排出事業者

    メーカー

    工事会社

    保険会社

  2. 収集運搬業者

    (株)環境技研アクア

  3. 中間処理業者

    産業廃棄物処理

    解体

    剥離

    分別

    フロントカバー
    (ガラス板)

    フレーム
    (アルミニウム枠)

    透明樹脂で封入された
    太陽電池

    バックシート

  4. リサイクル

    発泡ガラス

    金属くず

    燃料

    燃料又は発泡ガラス

04

発泡ガラスの特徴

廃ガラスを粉砕及び焼成発泡させた軽石状のガラスです。
ガラス粉末に発泡剤(炭素・炭酸カルシウム又はカーボンブラック、酸化アンチモン等)の副資材を混ぜて焼成発泡させます。

多孔質
透水性・通気性・保水性に優れています
鉱物性無機質
耐火性・断熱性に優れています
軽量性
土の1/6~と軽量です。製造時に用途に合わせて比重・吸水率をコントロールできます。

2019年7月22日JIS規格Z7313(規格名称:ガラス発泡リサイクル資材)が制定されました。これは、これまで国内流通していたガラス瓶は透明色か茶色のガラス瓶であり、比較的分別が容易でした。しかし、生活様式の変化により海外から輸入されるワインや、国内で装飾性の高いガラス瓶の登場により分別が困難な状況となり、色合いの異なる廃ガラスも混合した場合には市場では不良品扱いとなります。このため、地盤改良や造圏、緑化材料等の他用途でリサイクルを推進するために制定されました。

05

発泡ガラスの用途

06

対応可能エリア

地図にマウスをオーバしてください。

該当のエリアを押してください。

close

滋賀県

  • 廃プラスチック類

    マル
  • 金属くず

    マル
  • ガラス陶磁器くず

    マル

岐阜県

  • 廃プラスチック類

    マル
  • 金属くず

    マル
  • ガラス陶磁器くず

    マル

福井県

  • 廃プラスチック類

    マル
  • 金属くず

    マル
  • ガラス陶磁器くず

    マル

兵庫県

  • 廃プラスチック類

    マル
  • 金属くず

    マル
  • ガラス陶磁器くず

    マル

京都府

  • 廃プラスチック類

    マル
  • 金属くず

    マル
  • ガラス陶磁器くず

    マル

奈良県

  • 廃プラスチック類

    マル
  • 金属くず

    マル
  • ガラス陶磁器くず

    マル

三重県

  • 廃プラスチック類

    マル
  • 金属くず

    マル
  • ガラス陶磁器くず

    マル

大阪府

  • 廃プラスチック類

    マル
  • 金属くず

    マル
  • ガラス陶磁器くず

    マル

一覧に戻る

CONTACT
お問い合わせ

ご意見・ご質問など、お問い合わせは、
フォームからお願いいたします。

TEL
0748 - 57 - 8500
FAX
0748 - 57 - 8501